お酒に弱いから、二日酔いを防ぎたいから、ウコンの力を愛飲している方は多いのではないでしょうか。

とくに飲み会の重なる時期や体調の悪い時には飲んでおくと安心の一本ですよね。

でも、ここでひとつ疑問が。ウコンの力はいつ飲めばいいの? 飲む前? 飲んだ後? 飲むタイミングで効き目が変わってくるの?

そんな疑問について、ウコンの幅広い効果とともに紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

どうしてウコンが二日酔いに効くの?

f21e36efaeeefd324a8dec351828bc2f_s

ウコンにはクルクミンというポリフェノールが含まれています。

英語ではターメリック。インド料理屋さんに行くと、ときどきターメリックライスといって黄色いご飯が出てきますよね。まさにあれです。

そして二日酔いや悪酔いを避けてくれるのも、このクルクミンの効果

なぜ効くかというと、クルクミンは肝機能を高め、アルコールを分解させる酵素を助ける作用があるからです。アセトアルデヒドを体外に排出させ、悪酔いや二日酔いを防いでくれるのです。

クルクミンはアセトアルデヒドの分解を50%も促進させてくれるそうです。

肝臓は、3000種類以上もの酵素を作り出す体内でも大切な器官。代謝や解毒に大きく関わっています。アルコールは体の中で有害物質として捉えられるため、肝臓で無害化されるのです。

アルコールの分解だけでなく、脂肪肝や肝炎などを予防する肝機能を強化し、活性酸素を消去させることで癌の予防する他、悪玉コレステロールを減少させる効果もあります。

また、クルクミンには胆汁を分泌させる作用があるので、脂肪分を乳化し、吸収や消化を助ける作用もあります。そうすることで、肝臓の負担を減らしてくれるのです。

ついでに、アルコールとは関係ないのですが、便秘を解消してくれるというダイエット中の人に嬉しい効果もあるんですよ。

というのも、便秘を解消するには、便に水分を含ませる胆汁酸という酵素が必要なのですが、クルクミンはこの胆汁酸の分泌を増やすことで、食物繊維に絡んで排便させやすくしてくれるという効果もあるんです。

さらにいえば、女性にとって嬉しいことに、クルクミンの強い抗酸化作用は美肌効果も期待できるんです。シミやシワ、くすみの原因は活性酸素。クルクミンはこの活性酸素を抑制してくれる働きがあるんです。

インドではウコンを化粧品として利用しているところもあるとか。

ちなみに、クルクミンを多く含んでいる食品は、ウコンもそうですが、スパイスにターメリクを使うカレーや、着色に利用されているたくあんなどがあります。

最も高い効果を得るには、お酒の前に飲むべき? それとも後に飲むべき?

23562

引用:http://www.house-wf.co.jp/products/detail.php?cd=070001

全体的な傾向を見てみると、どうやらお酒を飲む前にウコンの力を飲む人が多いようです。

ちなみにおすすめも、確かに飲酒前。

というのも、空腹時には、いちばん最初に摂取したものが取り込まれやすいので、ウコンの成分そのものを最大限に摂取できるのですね。

それに、何かを胃に入れておくと、アルコールで胃が荒れるのを防いでくれるという効果もあります。

では、どのくらい前がいいかというと、30分〜1時間前とされています。早く飲み過ぎてもアルコールが体に入ってくる前に消化されてしまいますからね。

とくに顆粒タイプの場合は、体内に浸透するまで時間がかかるので、飲み会がはじまる30分〜1時間前には必ず摂取しておきたいものです

もし、緊急に飲みの用事が入った場合でも、ドリンクタイプなら直前でも大丈夫。体にきちんと浸透して、悪酔い、二日酔いを予防してくれますよ。

飲酒前に飲むのを忘れてしまった場合でも、後からウコンの力を飲んでも効果はあります。

アルコールの分解は飲食後も続くので、それを助けるアイテムになってくれるからです。この場合は、少し多めに摂取する方がいいようです。

ひとつダイエット的な問題があるとすれば、ウコンは胃の消化を助ける働きもあるため、お腹が空きやすいこと。そうでなくてもアルコールには食欲増進効果があるので、シメのラーメンなどはガマンです。

まとめ

私も飲み会の前は必ずウコンの力を飲むようにしています。ドリンクタイプは持ち運びが大変なので、顆粒タイプのものを持ち歩いて、やはり30分から1時間前(自分的理想は1時間前)に飲むようにしています。

今日は具合が悪いかも、と感じる時は、少し多めに飲んで、飲み会に備えます。

飲み過ぎないようにするのはもちろんですが、やはりウコンの力を飲んでおいた、という安心感が全然違うんですよね。

大人になると、外せない飲み会もあると思います。お酒が苦手な方はぜひウコンの力を活用して、あるいは次の日に絶対に残したくない方もウコンの力を飲んで、飲み会を楽しんでくださいね。