MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

夏が一番冷え性が悪化しやすいのはガチ!今からできる6つの対策


   

スポンサードリンク


夏になると、暑くて汗がだらだら出る? だから冷え性とは無縁?

いいえ。実は冬より夏の方が冷え性になりやすいんです。とくに座ったままで動く量の少ない事務職の人やパソコンワークが日常の人は、その傾向が強いです。

しかも夏の冷え性の特徴は、下半身にその症状が集まりやすいこと。冷えからくるむくみを感じている方は多いのではないかと思います。

どうして夏の女性は冷えやすいのか、冷え性になったらどんな風に改善していけばいいのか、今回はそれを紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

なぜ夏の方が冬より冷えやすいの?

120e27c6a6ee537f3443f49dc65e7331_l

女性の体は冷えに敏感。というのも、筋肉量が少ないため、熱を生みだす力が少ないことに加え、公共の場の冷房は大抵男性の心地よさが基準。ということは、必然的に設定温度が低くなり、女性にとっては寒く感じてしまうのです。

しかも、真夏は室内の温度と外気とが、5度以上の差があることがほとんどです。人の体は5度以上の気温変化にはうまく対処できないもの。

それが毎日となる真夏は、体温を上げる交感神経と、体温を下げる副交感神経のバランスが悪くなってしまいます。

すると、冷えやそれによるむくみだけでなく、肩こりや頭痛、便秘や生理不順など、自律神経が不調になるのです。

冬も確かに室内と室外の温度差は大きいのですが、外に出るときにはしっかり準備をしているので、体へのダメージは少ないのです。ところが夏は外出から帰ってくると、涼しさが心地よくて薄着のままでいるため、気温差がダメージになりやすいのです。

その他、事務仕事などで動くことが少ない女性は足の筋肉が衰えているので、その部分のリンパや血液をうまく循環させることができず、冷えやむくみになりやすいのです。

また、女性の体は男性の体よりも脂肪率が高いのですが、脂肪というのは熱を通さないため、一度体が冷えてしまうと保冷剤のように冷えを体に閉じ込めてしまいます。

するとさらに冷えが進んでしまうのです。

また、夏は暑いのでアイスクリームやかき氷、そうめんなど、どうしても冷たいものが食べたくなりますよね。そういったものが体に入ると、それは直接体を冷やすことに繋がり、さらに冷えがひどくなるのです。

冷えると、自律神経が乱れるので、寝付きが悪くなったり、熱中症になりやすくなったり、風邪をひきやすかったり、お腹を下しやすくなったりします。

夏の方が体調が悪いという方は、冷えに対する対策をしっかりとっておきたいですね。

冷やさないための工夫6選

51e10d92ef29433889cab220405f54f1_s

1.「首」をあたためる

首、手首、足首など、首と名のつくところを温めるようにしましょう。というのも、この3つは太い動脈が皮膚に近いところにあるので、温めると血液が簡単に温まりやすく、その分体も温まるのです。

首には着脱できる薄めのストールを持ち歩き、冷えを感じたらそれを巻くようにしましょう。

手首にはリストバンドや手首ウォーマーを身につけ、ときどきグーパー運動などをするといいでしょう。

足首には靴下やレッグウォーマーなどを使用し、気が付いたらストレッチなどをすると、血液が流れやすくなります。

2.長袖の上着を持ち歩く

薄めでもいいので、長袖のカーディガンや大きめのストールなどを持ち歩き、冷えを感じたら羽織るようにしましょう。すぐに対策をとれば、冷えは最小限に防げます

3.お風呂に入る

暑いからと、夏はシャワーだけで済ませていませんか? けれども、お風呂に入ることは冷え対策にとても有効です。

入っている間もそうですが、その後も体温が持続するので、夜の間など、冷えにくいんです。

くれぐれも、お風呂上がりに冷たいビールなどということはやめておきましょう。せっかく温まった体が冷えてしまいます。

4.タンパク質をしっかりとる

体の中で熱を作り出す食材。それはタンパク質です。タンパク質を制限すると、体が冷えやすくなってしまうのです。

肉や魚、卵に豆類など、タンパク質をきちんと取るようにしましょう。ダイエット中であれば、ヒレ肉やささみ、卵の白身など、脂肪分の少ないタンパク質を選ぶようにし、ショウガやスパイスなど、体を温める食材と一緒に食べると完璧です。

5.腹巻きをする

お腹も冷えやすい場所のひとつです。特に冷たいものを食べるのが好きな方は、内側からも外側からもお腹を冷やしていることに。

女性の場合は冷えがひどいと、生理痛などが悪化しやすいといわれています。それを防止するためにも、腹巻きをして、お腹を冷えから守りましょう

6.運動をして筋肉を付ける

筋肉は体の熱の生産場。筋肉があればあるほど、冷えに対抗しやすく、寒さにつよくなります

ジョギングやウォーキング、軽い筋力運動や体操などで、少しずつ筋肉をつけていくようにしましょう。

といっても、真夏の太陽の下でジョギングなどをしてしまったら熱中症などで倒れてしまいますから、朝晩の涼しい時間帯か、ジムなどを活用しましょう。

まとめ

私もかなりの冷え性で、特に若い頃は冷えて体が痛くなるほどでした。それが解消できたのは、冷えたら「首」をあたためること(特に足首)と、ジムに行って筋肉がついたことが大きかったと思います。

暑い夏だからといって、冷房の聞いた室内にずっといたり、アイスクリームなど冷たいものばかり食べるのは冷えの原因となります。夏の方が冬よりもずっと体感温度の差が激しく冷えになりやすいのです。

体を冷やすのはいいですが、あくまでほどほどに。そして、冷えがつらすぎる、という場合は、自ら熱を生みだせる体を作れるように努力しましょう。



スポンサードリンク

 - ダイエット お得情報