MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

【たったこれだけ】短期間でお腹痩せできる3つの簡単ダイエット方法


      2016/06/19

スポンサードリンク


ダイエットしたい、と考えている方の多くが、まずお腹周りのお肉を落としたいと思っているのではないでしょうか。

お腹周りは確かに最もお肉のつきやすい部位。ぽっこりした下腹を見て、あーあなんてため息をついてしまったり。

しかも年齢を重ねれば重ねるほど、どんどん下腹が出てきてしまうのです。その状態だと、くびれもなくなり、太った印象を与えてしまいます。

どうしたらお腹周りのダイエットができるのでしょうか。…できれば短期間で、きつくない方法で。

今回はそんなお腹周りに聞くダイエット方法を3つ、紹介したいと思います。

スポンサードリンク

姿勢改善

mitiletter2 のコピー

引用:http://matome.naver.jp/odai/2141506079075167201

お腹周りに脂肪がついている原因が猫背などの悪い姿勢にある可能性は非常に高いです。

いつも背中が丸まっていると、気付けばお腹もぽっこりしていませんか? 猫背は続けると骨盤が傾いてしまうので、バストが小さくなり、下腹が突き出たスタイルになってしまうのです。

また、悪い姿勢を続けて骨盤が歪んでしまうと、内臓が下垂しやすく、消化機能が衰えます。その結果、便秘などを招いてしまい、代謝が悪くなり、さらに太る原因に。

また、骨盤のゆがみは血行を悪くし、リンパの流れを滞らせます。その結果、老廃物が排出できず、むくみなどの原因に。

反対に、背筋を伸ばしてみると、一気にお腹が引っ込むのが分かります。

しかもこの姿勢を保つのはエネルギーがいるため、消費カロリーが増えますし、筋肉も必要とするため、代謝も高まります

まずは猫背を直しましょう。それには正しい姿勢を知ることと、ストレッチが有効です。

正しい姿勢を知るには以下の方法が有効です。

1.つま先を肩幅に広げ、背筋を伸ばして、壁を背にして立つ

2.頭、肩、お尻、ふくらはぎ、かかとを壁につける

3.お腹に力を入れて、なるべく背中を壁に近づける

4.これを1日数回行う

やってみると分かりますが、なかなか難しいです。その難しさは、普段筋肉を使っていない証拠。続けるとダイエットになります。

便秘解消

491ce6f803dc3b99215afddc2d24799b_s

お腹周りにお肉がついてしまう理由に、便秘もあります。ダイエットしようとカロリーダウンすると、食べる量が減り、便秘になりがちになってしまうのです。

すると、体重は減っても、お腹は前以上にぽっこりして見えるかもしれません。それではダイエットの効果も半減ですよね。

ダイエット中だからと、お肉などのタンパク質を減らしたり、油分を抜いたりすると、逆に便秘になりやすくなります。というのも、油というのは、すんなりと便通を促す大切な栄養素のひとつだからです。

また、食物繊維をバランスよくとることを心がけましょう。野菜や果物、キノコ類に海草類、豆類に加え、炭水化物は玄米や全粒粉のパンなど、繊維質の多いものをとるように心がけましょう。

また、腸もみも便秘解消のひとつの手です。

やり方は…

1.おへその右斜め下をゆっくり押しながら「の」の字を描くようにゆっくりマッサージします。

2.次は、おへその右斜め上を同じようにマッサージします。

3.同じ動作を、おへその上、おへその右斜め上に行います。

4.最後に、便の出口である大腸の下のほう、直腸につながるおへその斜め下をマッサージします。

以上です。

もっと簡単に行いたい方は、以下の方法をどうぞ

1.腸のいろんな部分をさわってみて、かたくなっているところを見つけます。

2.体の力を抜いて、そのかたい部分をぐるぐるマッサージします。

簡単でしょう? これなら、トイレの中でもできますよね。

腸もみの利点は、便秘解消によるダイエット効果だけでなく、リンパの流れを整えるので、むくみが改善されること、便秘が解消されることで免疫力が上がり、美肌効果もアンチエイジング効果も期待できること。老廃物が排出されるので、デトックスになるんです。

ドローイン

slender_212

引用:http://www.theclinic.jp/contents/others/slender/

ドローインは、いうなればインナーマッスルを鍛える腹筋運動。やり方もとてもシンプルなので、いつでもどこでも、しかも誰にもバレずに行えます。

続けるとかなり効果が高いので、お腹やせには最もおすすめかも。

やり方は…

1.姿勢を正し、息を吸いながら下腹をへこませます。ここは常にへこませておきます。お尻の穴を引き締めながら行うとさらに効果的です。

2.お腹全体をへこませるようにしながら、息を吐きます。

3.息はゆっくり、30秒ほどかけて吐くようにしましょう。慣れるまでは大変なので、15秒ほどからはじめても大丈夫。

以上です。目安は最初は1日10セットほど。1セット5分もかからないので、気が付いたときに行うようにすると、習慣づけられるかと思います。

またドローインは、日常生活のあらゆる場面で取り入れることが可能。例えば、買い物に行くとき、家事をするとき、椅子に座っているとき、電車のなか、信号待ちの間など、いつでもできるのがドローインのいいところでもあります。

ちなみに、ドローインを取り入れながらウォーキングなどをすると、消費カロリーが40%もアップするともいわれています。

ドローインを行う利点は、お腹周りのダイエット効果以外にも、インナーマッスルが鍛えられるので、腹筋が弱くて便秘だという人にとっては便秘解消効果がありますし、背筋が伸びて姿勢がよくなるので、猫背解消などにも役に立つという相乗効果も期待できるのです。

まとめ

体の中でいちばん気になる部分、コンプレックスのある部分といったら、多くの人がお腹周りを上げるのではないでしょうか。

かくいう私もそのひとり。太っているわけではないのですが、筋肉量が少ないので、放っておくとお腹がすぐに緩んでぽっこりしちゃうんですよね。

また、パソコンに向っている時間が長いのも、お腹まわりのお肉がつきやすく、垂れやすい原因かと思っています。

自分としては、ドローインを常に保っておきたいのですが、座っているときは難しいのが実状です。なので、散歩にいくときや買い物にいくときなど、家からで手外出するときは、姿勢を正すこと、なるべくドローインをすることを自分に課しています

正直、今回紹介した3つの方法の内、1日長時間続けられたら最も効果があるかな、と感じるのはドローインです(でも、長時間持たないのが難です…)

みなさんも、いろいろな方法を駆使して、ぜひ短期間でお腹周りのダイエットを成功させてくださいね。



スポンサードリンク

 - ダイエット お得情報