ダイエット中に飲むなら、糖分の少ない焼酎を選ぶというのは、長年ダイエッターをしている方ならほとんど常識ではないでしょうか。

ほとんどのスーパーに置いてあって、安価ですし、種類も芋や麦、黒糖、米、珍しいところではシソや黒糖など、味わいに少しずつ違いがあるのもいいですよね。

ところで、スーパーなどで焼酎をよくチェックすると、「甲」種と「乙」種というものに別れているのが分かると思います。

これ、なんでしょうか? 「甲」種と「乙」種で違いはあるのでしょうか。

今回はその点について調べてみました。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ダイエットに焼酎がいい理由

43d2960bde6d0d96a4d294fb220565b1_s

ダイエット中にお酒を飲む際、糖質を含まない蒸留酒を選んだほうがいいというのはみなさんのよく知るところだと思います。

ビールや日本酒などの醸造酒は、糖質や少々のタンパク質を含む分、アルコールに対するカロリーが高めです。

日本のお酒の中でも、焼酎は蒸留酒の代表格。水で割ったり、氷を入れたりと、飲み方も豊富です。

しかも二日酔いがしにくく、次の日に響きにくいのも特報。朝からきちんと動けます。お酒付きにはたまらないですよね。

ダイエットとは関係ないのですが、痴呆を予防したり、善玉コレステロールを増やしたり、殺菌作用もあるので、生ものを食べるときにはぜひ飲んでもらいたいですね。

それに、プリン体の量が少ないので、「通風」にかかってしまったけれどお酒が止められないというお父さんなどにはぴったりの飲み物なんです。

それから、お酒は基本的に体内で消費されるカロリーの優先順位が高いです。お酒を飲むと暑く感じることが多いかと思いますが、これはアルコールの作用によるもの。

その分、例えばアルコールのカロリーだけで構成されている焼酎のカロリーはさっさと体を出て行ってしまうのです。

「甲」種と「乙」種?

甲種乙種

引用:http://maru9.at.webry.info/201212/article_18.html

焼酎には「甲」種と「乙」種があります。

「甲」種は、チューハイやサワーなどに使われるお酒で、香りやクセがなく、他の割ものとよく合います

「乙」種は、素材の旨味や香りが強く出るため、本格焼酎などと呼ばれ、ロックやお湯割などで、素材の味を楽しむことが多いです。九州の名産地が多いですが、全国で作られています。

そのカロリーは100kcalあたり
●甲種 206kcal
●乙種 150kcalとなっていて、(芋でも麦でも米でも大差はありません)

甲種の方が若干高めです。

甲種は、ジュースやウーロン茶、緑茶など、割ものを混ぜて飲むことが多いため、薄まるのを考慮してアルコール度数が高く、その分カロリーが高くなっているのです。

反面乙種はストレートで味わったり、ロックにしたりと、それほど味の変化をつけて飲むことはありません。その分カロリーが低くできているんです。

余談ですが、他のお酒や居酒屋などで飲めるサワー系の飲み物のカロリーは、

・ウーロンハイ 約113kcal
・レモンサワー 約105kcal
・カルピスサワー 約245kcal

と、何で割るかによって、どんどんカロリーが上がっていきますので、ダイエット中の方は気を付けましょう。

ちなみに焼酎をつかったもの以外の他のお酒のカロリーは、

・ジョッキビール1杯 約210kcal
・赤白ワイン 約73kcal
・ウイスキー 約71
・日本酒一合  200cal

といったところです。ま、どちらにしても飲み過ぎればその分カロリーもあるコール度も増すんですけれどもね。

カロリーを増やさないおいしい焼酎の飲み方

img_3

引用:http://www.nomooo.jp/column/oyuwari-point-3/

焼酎は、特に甲種は、割ものと混ぜて飲まれることが多いです。ダイエット的には、それではカロリーが高くなってしまいますし、余計な栄養素(糖分とか)が入って来てしまうので、おすすめできません

それよりも、焼酎を焼酎としておいしく飲んだ方がずっとダイエットに繋がります

いちばんのおすすめは、体を温めるお湯割。水6:焼酎4のあり合いがおいしいといいわれていますが、これは好みでOK。私は水9:焼酎1くらいで飲んでいます(ちゃんとお酒の味がします)。

コツは、お湯が暑すぎないようにすること(だいたい60度くらい)と、お湯を先に入れて、焼酎を入れることです。そうすることで焼酎とお湯が滞留し、ブレンドされるのです。

水割りにする場合は、意外かもしれませんが、寝かせるのがいちばん。この実の割合で混ぜた焼酎と水を、1日ほど寝かせるのです。

そうすることで、焼酎と水がよく絡み合い飲む寸前に悪よりずっとおいしくなります。

割合と量は自分の好みがいちばん大事なので、いろいろ試してこれだ、というのを見つけてみましょう。

まとめ

焼酎、ダイエット効果も目指して、私はほとんど毎晩(笑)飲んでいます。でも、やっぱり気のままの焼酎は味が苦手なんですよね。アルコール度数も強いし。

一意見では、アルコール(特に蒸留酒)は、体内で優先的に消化されてしまうため、カロリーが残りにくいといわれています。それは焼酎も一緒。

なので、個人的には乙種だろうが甲種だろうが、あまり気にせず飲んでいます。(むしろ気にするとしたら、おつまみでしょうか。高カロリーのものを食べ過ぎなしようにしています

家で飲む場合は、カロリーゼロ系のソフトドリンクに混ぜたり、お湯割にしたりしています。そちらの方が飲みやすいし、アルコール自体が少量でも満足できるからおすすめです。

ぜひみなさんもトライしてみてください。

 

▶芋焼酎って太るの?芋だから糖質も含まれてるって本当?

▶ダイエット中のお酒なら焼酎だけど甲種と乙種ならどちらが良い?

▶ダイエットに最適なお酒の焼酎の賞味期限は?未開封と開封済みの違い