MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

食事制限なしでも簡単にダイエットできる方法があるってほんと?


   

スポンサードリンク


食べたいものを食べて、飲みたいものを飲んで、そしてダイエットできたら最高ですよね。チョコレートもアイスも、焼き肉も唐揚げも、全部食べても痩せていくなんて。

そんな夢のような簡単なダイエット方法が…実はあるんです。しかもリバウンドもしにくいという超優秀な方法で。

それが8時間ダイエット。1日の食事を8時間以内に収め、それ以外は食べないというものです。

8時間っていったら、まあまあ長めですよね。その時間の中で3食(あるいは2食)、好きものを食べていいなんて、心身ともにかなり楽じゃないですか。

しかもかなり効くと噂なんです!

ここでは、どうして8時間ダイエットが効くのか、その理由と、やり方について説明したいと思います。

スポンサードリンク

8時間ダイエットとは?

d4537c0f3dc4cf2a2f3ad4978c281c41_s

8時間ダイエットというのは、1日のうち8時間の間に食事をし、それ以外はノンカロリーの
水分をとるというダイエット方法
です。

8時間といえば例えば朝7時に起きたら午後4時までに全ての食事を済ませる。、あるいは朝を抜いて12時に昼食をとったら、8時までに夕食を終わらせるというものです。(ちなみにその間おやつは食べても大丈夫です)

8時間の中で食事を3回とるのはなかなか難しいですよね。そうすると食事は2回になりがちです。その分摂取カロリーが減るので、痩せていくのです。

それと、食事の間隔がかなりあくので、胃腸を休めることができるのです。そうすることで、内臓が回復し、活発に動くと共に、疲労回復や新陳代謝の向上が望めます。

また、胃腸を休ませているので、排泄器官を正常化させて、便秘を解消してもくれます。しかも、胃腸が健康になるので、太りにくくなるのです。

簡単で、便利なダイエットだと思いませんか?

朝食抜きなら

普段から朝食を抜いている人には、8時間ダイエットはかなりやりやすいのではないかな、と思います。いつも通り昼食べて、夜食べるだけだからです。

それでも変化がなかったら、有酸素運動をするのも有効。ジョギングやウォーキングなど、軽い汗をかく運動を、行い、また筋トレなどで筋肉を維持して代謝を減らさないようにするのもコツです。

夕食抜きなら

夕食を抜くというのは、なかなかハードルが高いかと思います。夕食というのは、大事な会食だったり、家族の団らんの場だったりしますものね。

でも、これ、てきめんに効きます。お昼におやつまで食べ過ぎちゃったーという時でも、夜を抜かせば痩せます。

コツは、昼か朝にしっかり好きなものをたべること。バランスの取れた食事をとれば夜までお腹が空かないでしょうし、ケーキなどのおやつが止められない方は、ガマンせずに昼に食べてしまいしょう。

するとだいたい、心も体も満足して、夜になっても幸福感が続くものです。

さらに効果をあげるには?

ae4d8ccae23d6493dc5431233624e51d_s

きちんと睡眠

睡眠のすごいところは、成長ホルモンの分泌を促すところ。成長ホルモンがどれだけすごいかというと、なんと一晩で300kcalほどもエネルギーを消化するところ。

できれば、質のよい睡眠を6時間以上、とるようにしましょう。そのためにパジャマや枕など、睡眠環境を整えましょう。

しっかり噛むこと

しっかり噛んで咀嚼を促すことで、満腹中枢を刺激し、食欲を抑えることができます。また、よく噛んで食べることは、食後のエネルギー消費量が増加すると研究発表されています。

実際、口の中の酵素は強いので、ここでしっかり噛んで食べておくと、胃腸に負担がかかりにくくなるのです。

ダイエットもそうですが、健康のためにもよく噛む習慣をつけましょう。ちなみに、最初のひと口目を意識して数を数えながら食べると、残りもゆっくりになりがちです

早食いしない

早食いをすると、実は必要以上に食べていることが多々あります気が付いたときには胃が痛くなるほど食べ過ぎていて、それも太る原因に

食事は、食事そのものに向き合いながら、味わってゆっくり食べましょう。その方が満足感が高いです。それに、食物繊維の多いもの、タンパク質の多い食べ物から食べることで、血糖値の上昇がゆるやかになり、食後の空腹感がやってきにくくなります

8時間ダイエットの注意点

58099af260722942170e900acec07e07_s

運動も併用しましょう

ダイエットをすると、どうしても食べる分が少なくなるだけ、筋肉が減りがちです。なので、運動を行うことによって、筋肉の減少を防ぎ、基礎代謝の高い体を保ちましょう

飲み物にも気を付けて

8時間ダイエットをする際、気を付けてほしいのが、8時間以外の時間に飲む飲み物。某シアトル系のカフェに行って、生クリームたっぷりの飲み物など頼んでいませんか? あるいは、寒いからとカフェラテに砂糖などを入れていませんか?

これらはやはりカロリーですから、食べてもいい8時間以外は、普通の水や、ノンカロリーのお茶、砂糖もミルクも入れないコーヒーを飲むようにしましょう。意外と空腹感が落ち着きます。

まとめ

普通ダイエットというと、あれを食べなきゃダメ、これを食べた方がいいと、食品そのものを制限んされたり推奨されたりして、面倒くさいですよね。このダイエットはそこ違うのです。

8時間以内であれば、揚げ物だって大丈夫。お菓子も大丈夫(あくまで度が過ぎなければ、ですが)。お酒ももちろん大丈夫です。あんまり考えずに済んで、簡単ではありませんか?

ただ、何を食べてもいいからといって、暴飲暴食はやめること。それを気をつけるだけで、体重はみるみる落ちていくこと間違いなしです。

ちなみに私は、夕食なしのダイエットをしたことがあります(ちょっとずるして、お酒は飲んでました。また会合のときには好きに食べてました)

でも、てきめんに痩せました。家族以外の人にバレずにダイエットできるのもよかったです。

8時間ダイエット、ぜひ試してみてください。



スポンサードリンク

 - ダイエット 食事