お酒を飲む機会って意外と多いですよね。仕事での会合や接待、女子会に子どもの親との集まり、彼やダンナさんとの外食など、外で飲む人も多いでしょうし、ホームパーティや日々の疲れを癒すなど、家でもアルコールを嗜む人も多いのではないでしょうか。

そんなとき、ただ無作為にお酒を選んでいるのなら、とてももったいないことをしていると思います。なぜなら、お酒にはさまざまな効用があり、ものによっては美容にも肌や体の老化を防いでくれるものにもなるからです。

お酒の選び方は重要です。まったく飲めない人ならあまり関係がありませんが、この現代社会では、ひと口も飲まないのはなかなか難しいですよね。

女性の気になる美容やアンチエイジング、デトックスを叶えてくれる健康にいいお酒を積極的に選んで、飲む機会もキレイをつくる機会にしてしまいましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

美容・アンチエイジングに赤ワインがおすすめな理由5選

ef186a3a5b2109272b60f906278fbfbe_s

1.ダイエットになる

お酒というのは、ダイエット界ではかなり敵視されていますよね。ダイエットを成功させるには、まったくの禁酒を進めている方もいらっしゃるくらいです。

だけど、醸造酒である赤ワインには栄養素が残っていて、適量であれば、飲まないより飲んだ方が美容・老化防止、ダイエット効果が高まるんです

また、自然に食べる量が減も減ります。

お酒を飲むと、食べ方がゆっくりになって、食事時間が長くなりますよね。すると満腹中枢が刺激されやすく、より空腹を感じにくくなるんです。

そうすれば自然に摂取カロリーが減り、ダイエットにつながるというわけ。それにある程度のカロリー節制は、アンチエイジングや健康効果があるともいわれています

2.美容・アンチエイジング成分たっぷり

赤ワインに豊富に含まれているもの。それはポリフェノール。その量は、なんと緑茶の4倍にもなります。

ワインのポリフェノールは抗酸化作用が強く、腸の調子を整え、便秘を解消してくれます。

しかも、カリウムが含まれているので、体の中の余分なすいぶんを体外に排出してくれる力があるのです。そのため、血圧が下がり、筋肉の動きが活発になって、体内の環境を整えてくれます。

3.安価であれば毎日飲めるデイリーワイン

酒屋さんやスーパーのお酒コーナーに行ってもらうと分かりやすいのですが、ワインというのはとにかく種類買い豊富で、1000円以下のものがとても多いです。

そのくらいの値段であれば、デイリーに使えるのでは? そうすれば、毎日赤ワインのポリフェノールを摂取することができますものね。

4.美肌にいい!

赤ワインのポリフェノールには、強い抗酸化作用があります。体の活性酸素を除去し、吹きでもやニキビにも対応。醜い痕もケアしてくれます。

これは肌に悩んでいる人には朗報ではないでしょうか。大人になっても、ストレスや生活習慣の乱れで肌荒れが置きたり、吹きでものができたりしますものね。

アルコールの中で、最もアンチエイジイング効果が高い赤ワイン。血糖値も上昇しにくいので、糖尿病気味かな、と思われる方にもおすすめできます。

5.健康にも効く!

ポリフェノールは動脈硬化やガンを抑制することで有名。癌は酸化した酵素がDNAに触れて、傷つくことでおこります。

ポリフェノールは体に取り込まれるとすぐに活性酸素と結合。その分ガンや動脈硬化を度生みゃ効果を予防してくれるのです。

また、癌のもととなる原因はアルミニウムが体内に入ることによって起こるといわれえています。けれども赤ワインに含まれているミネラルの内、細胞脳活性化に役立つといわれるマグネシウムやカルシウムが体内にあれば、アルミニウムの吸収が抑えられるというのです。

どうすれば効果的に栄養分を摂取できる?

2d10b8a9a188d4774e19949aa64f740e_s

赤ワインも、ただ飲めばいいというわけではありません。

まずは保存状態。これは、赤ワインに限らず、他のワインにもいえることですが、温度が一定で、振動がなく、冷暗所で保管するのがいちばんです。ワインセラーがなければ、ダンボールや木箱に入れても大丈夫。

また、白やスパークリングワインは提供前に冷やしますが、赤ワインは常温でもだ上部。好みによって決めましょう。

飲むときにには必ずおつまみを。しかもアルコール代謝を高めてくれるビタミンB1を一緒にとると、ポリフェノールの吸収量が上がるといわれています。ビタミンB1が多く含まれている豚やレバーなどと一緒に食べましょう。

そして、赤ワインはアルコールですから、もちろん飲み過ぎはNG。肝臓に負担がかかりに過ぎてしまいます

ベストな量は1日あたり2〜3杯。

それから、これは本末転倒なのですが、赤ワインやお酒が苦手…だけどポリフェノールがとりたいという方は、コーヒーを飲むのがおすすめ。コーヒーだって、かなりの量のポリフェノールが入っているんですよ。

まとめ

ワイン、確かに飲む機会が多いですよね。女性が多い飲み会などでは、特にワインが注文される率が高いと思います。

また、フレンチ風、イタリア風のレストランでも主体はワインなのではないでしょうか。

お酒を飲んだら、太り気味になっちゃった、とか、むくんだ、とか、肌が荒れちゃった、なんてことになると楽しい気分も半減してしまいますよね。

その点、赤ワインなら大丈夫。美肌にも健康にも導いてくれるのですから。

私もこれからは、そういったお店に行く機会があったら、スパークリングだけでなく、赤ワインを積極的に選びたいと思います。