オメガ3脂肪酸を効果的に取るならくるみが断然オススメ!

ダイエットや健康にプラスに働くアブラといえば、オメガ3脂肪酸。太りにくく、肌や体にもいいというので、注目していらっしゃる方も多いのではないでしょうか。 オメガ3脂肪酸は、αリノレン酸として青魚の脂に含まれるDHA、EPAが有名ですが、青魚って意識しないと食べないですよね? 調理が大変ですし、だいたいαリノレン酸は加熱に弱いので、お刺身で食べるしか青魚からDHAやEPAを摂取できる方法がないんです。正直なところ、毎日お刺身を食卓に乗せるのは少々お高いですしね…。 そこで登場するのがクルミです! クルミならどこのスーパーや食材屋さんにも売ってますし、食べるのも簡単! もっとキレイになるために、もっとラクにダイエットをするために、ぜひ食物由来のオメガ3脂肪酸を含むクルミの力を活かしてください! [ad1]

オメガ3脂肪酸ってどうしてキレイに役立つの?

o0494048012612481609

飲用:http://www.graine-cheveuxeden.com/blog/2013/07/entry_587/

オメガ3脂肪酸はαリノレン酸といいますが、血流改善やコレステロール低下による動脈硬化の予防、アレルギーの改善、記憶力などの脳力UP、糖尿病を予防してくれるなどの効果が認められています。そしてそのオメガ3脂肪酸は、体内では合成できない必須脂肪酸。なので食品などから補うしかないのです。 それもあって、積極的に、しかも日常的に摂りたい油なんですね。 上記に上げた効果の他にも、αリノレン酸は体の中で様々な効用が認められていますが、ダイエットや美容に関していえば、まずは中性脂肪を下げ、脂肪を燃焼してくれること、そしてシワやたるみを予防するアンチエイジング効果があげられます。 どうして脂肪を減らしてダイエットをしたいのに、さらに油を摂らなくちゃいけないの、と思われるかも知れませんが、例えば体内の代謝を上げ、脂肪燃焼を促すビタミンやミネラルのなかには脂溶性のものもあり、これは油を摂取していないと全身に行き渡りません。 ですから、ダイエットをしたい、キレイになりたいと思ったら、オメガ3脂肪酸を適量を継続的に摂る必要があるんです。

じゃあどうしてクルミがいいの?

fb517261072d8c7ab262c10810f41c05_s オメガ3脂肪酸を摂取するのにクルミがおすすめな理由は、1個あたりのαリノレン脂肪酸の含有量が多いからです。 同じ量を摂ろうとすると、他にもαリノレン酸が含まれているといわれているゴマやアーモンドなら360g(!)も食べなくてはいけないんですよ。クルミがどれだけ優秀だかわかりますよね。 植物由来のαリノレン酸を含む食品のなかでも、なんといってもクルミがおすすめな理由が分かっていただけるかと思います。

どんなクルミをどのくらい食べればいいの?

82f4cb86a5ec8cd2fc1746385782a918_s オメガ3脂肪酸を含むクルミを摂るにあたって、気を付けたいのはその品質。クルミは販売の時点で、味付け加工がされていたり、オイルコーティングがされていたり、食塩が追加されていたりするものがあります。 これらは全部NG。できれば、無添加のものでオーガニックのクルミを選ぶようにしたいですね。 毎日食べたいものですから、やはり体に優しいものがいいですよね。 とはいえ、クルミには油分が65%も入っています。食べ過ぎるとカロリー過多になってしまい、痩せるどころか太ってしまいますよね。 いったいどのくらいが適切な量なのでしょうか。 それは約25g。7粒程度です。ちなみにこれで、約200kcal。おやつにちょうどいいくらいですね。

どんな食べ方があるの?

recipe_19 のコピー

引用:http://www.uswatermelon.jp/recipe/recipe_19.html

クルミをそのまま食べるのもいいですが、毎日それだと飽きてしまいますよね。クルミを使ったおいしいレシピといえば…

サラダのトッピングにする

いつも食べている生野菜サラダ。これに小さめに砕いたクルミをトッピングするんです。ときどき感じる噛み応えが楽しいですし、香ばしさが加わっておすすめです。

ポテトサラダORカボチャサラダに入れる

いつもキュウリやニンジン、ハムなどを加えて終わりのポテトサラダ。これに砕いたクルミを入れるだけで、食感が変わってさらにおいしくなります。 味付けはいつもの通りでOK。栄養価も上がるので、女性もそうですが、お子さんにもおすすめです。

クリームチーズのベーグルサンド

ベーグルにクリームチーズは定番ですよね。ここに、クルミとハチミツを掛けるのがおいしいんです。お弁当にしたり、ピクニックなどお外ご飯に持っていくのも楽しいですよ。

まとめ

オメガ3脂肪酸といえば、キレイのために毎日とりたい油ですよね。他にも、亜麻仁油などでも摂取できますが、油そのものを口にするのはちょっと…(個人的な感想ですが、粘つくような感じがしますし)という方にも、クルミはおすすめです。 ちなみに、もちろんクルミにはほかの栄養素も入っていて、タンパク質やビタミンB群、食物繊維にマグネシウムと、油をそのまま摂るよりずっと健康効果が高いんです。 私もおやつにクルミを食べることが多いですね。外出の際には、かばんに常備して、小腹が空いたら食べるようにしています。 健康にいいものを食べている気がして、自分でも気分があがります。 みなさんもぜひ、クルミを活用して、オメガ3脂肪酸を効率よく摂ってください!