MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

食事制限なしでも短期間でダイエットしたいならこの9つの方法が効く


      2016/06/10

スポンサードリンク


露出の多い夏まで後少し。ダイエットにせいを出している方も多いのではないでしょうか。

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、いちばんつらいのは食事制限ではありませんか? カロリー制限にしろ、炭水化物制限にしろ、めんどうくさいし、食べたい物が食べられなくてストレスにもなりますよね。

けれど、食事制限なしで夏に間に合うダイエットがあったら…ずいぶん心が軽くなりませんか。

ちゃんとあるんです、そういうダイエット。

それが、今回紹介するダイエット。無理せず自然に食欲を低下させて小食になっちゃおう! というものです。

スポンサードリンク

食事制限なしにするために

71412a4ec17097c63e47d0094e1cdf3a_s

人はなぜ食事がしたくなるのでしょう。答えは簡単、食欲があるからですよね。

ダイエットするなら、ある程度カロリーを抑えた適切な食事内容&量というものがあるものですが、それが本当に食べたい欲を下回っていたりすると、ストレスが溜まり、それが反対に食欲を底上げして食べ過ぎてしまったります。

反対に、少ない量にも関わらず、それで十分満足できるのであれば、それ以上食べたいとは思わないでしょうし、ストレスも溜まりません。

食事量が減れば、摂取カロリーが減ります。摂取カロリーが減れば、当然のごとくやせます。

つまり、ダイエットは、食事を制限しようしようと思うのではなく、自然に食事量を減らし小食で満足できるようになればいちばん楽なわけです。

そんなこといったって、食欲は食欲。どうやってコントロールすればいいのかと思ってしまいますよね。

それにはいくつか方法があります。

お腹が空いたらまず飲み物

お腹が空いていることと喉が渇いていることを勘違いしている人は多いです。空腹と思っていても、実は喉が渇いているだけかもしれません。

なので、空腹を感じたら、まず水を飲んでみましょう

また、お茶やコーヒーもおすすめ。というのは、カフェインは食欲を抑える働きがあるんです。

ダイエット中のことですから、砂糖入りのものやカロリーのあるものは控えましょうね。

ゆっくり食べる

脳が満腹信号を出すのは、食事をはじめて20分ほど経ってからと時間のズレがあります。なので、最初の20分を時間をかけて食べるようにしましょう

大事なのは、よく噛むこと。これも慣れるまでかなり難しいのですが、食べるごとに箸やフォークなどの食器を置くこと、それから、3口目までは数を数えながら噛むと意外とその後もよく噛みながら食事をすることができます。

ガムを噛む

食欲を感じているとき、実は食べたい……のではなくて、口寂しいだけではありませんか。それを抑えるために、ガムを噛みましょう。

そうすることで気がまぎれますし、一度落ち着くことができます。

また、ガムを噛むことで唾液が出て虫歯の予防になりますし、噛むという行為は記憶力や集中力など、脳力が高まることがわかっています。

食べる時は、腹持ちのいいものを食べる

いわゆる血糖値を急激に上げないGI値の低いものを食べるようにしましょう。次の食事までの空腹感が減りますし、食べ過ぎを防ぐことにも繋がります

例えば、ご飯は玄米にする、麺類は蕎麦にするなど食材を置き換えると、簡単に低GIにすることができます。

その他おすすめの腹持ち食材は、片ゆで卵、チーズやヨーグルトなどの乳製品、豆腐や納豆などの大豆製品、緑黄色野菜などです。

歯磨きをする

歯磨きをすると、食欲がいったん落ち着きませんか。すっきりするし、せっかく磨いた歯を汚したくないので、食べたい気持ちになりませんよね。

食事の後すぐに、歯磨きをしてしまいましょう。また、食間にお腹が空いたら、ちょっと歯を磨いてみるのも手です。

ちゃんと睡眠を取る

忙しくて毎日数時間しか眠れない…。ダイエットできない人にそんな悩みをもつ人は多いそうです。というのも、睡眠時間が足りないと、肥満を防止するホルモンのレプチンが低下するからです。

レプチンがしっかり血中にあれば、満腹中枢が刺激されやすく、食欲が抑えられやすいのです。従って毎日の、「睡眠」を大事にしましょう。

食べ物を手の届くところに置かない

お菓子やアイスやカップ麺など、調理なしで簡単に食べられる物を家に置かないようにしましょう。小腹がすいたかも、と思ったときにそういうものが側になければ、あきらめるしかありませんしね。

それに、そうやって簡単に食べられる物はたいていカロリーが高いもの。食べないにこしたことがありません。

運動する

お腹が空いたときに運動をするのもおすすめです。そうすると、あら不思議、食欲を抑えることができるんです。

血糖値が低くなると、脳が空腹信号を出します。ですが、そのときに運動をすると、脂肪が分解されてエネルギーとなるので、血糖値が上昇するんです。

すると、空腹感がどこかにいってしまうというわけです。

といっても、激しい運動でなくても大丈夫。縄跳びやその場でダッシュ、スクワットや腕立て伏せなど、簡単なもので効果があります。

外出する

余計な食欲を感じるときって、家にいて何もすることがないときではありませんか? しかも人目がないので、あるいは家族の目しかないので、ついつい食べ物に手が伸びやすくなってしまいませんか。

でも、外出中であれば、そんなことはできませんよね。洋服や雑貨など食べ物以外の刺激がたくさんありますし、気分がリフレッシュするのでその分余計な食欲が収まります

インドア派の方が、ダイエットが難しいのではないでしょうか。痩せるためにも、できればたくさん外出の予定をたてたいですね。

まとめ

ダイエットは食欲との戦い…なんて考えがちですが、戦うと疲れちゃいますし、ストレスになりますよね。だからこそ、上手に減らしていく方法を紹介してみました。

私は全ての方法をやってみたのですが、その中でも、外出をすること、歯磨きをすること、飲み物を飲むことが、自分としては効果があったように感じています。

特に外出に関しては、予定がない日でも、今日は食欲がありそうだなというとき(テレビなどでおいしそうでカロリーの高そうな物を見てしまった時とか(笑))、本やパソコンを持ってカフェなどに避難することにしています。(ファーストフードやファミレスはおすすめしません。食べ物メインなので、匂いが食欲をそそるんです。それよりカフェがおすすめ。コーヒーの香りで気持ちも落ち着きます)

食欲減退ダイエット法、みなさんもぜひ、トライしてみてくださいね。



スポンサードリンク

 - ダイエット お得情報