妙にお酒に強い人っていますよね。ビールをがぶがぶ飲んだり、ワインを一本開けてしまったり。

お酒に弱い人は、すぐに赤くなったり、酔っぱらって寝てしまったり、人に絡んでしまったり、最悪吐いてしまったりと、自分としてもイヤな思いをしてしまいます。

その反面お酒に強い人は、しらふの時と変わらず、あるいはもっと明るくなって、場を盛り上げたり、酩酊せずにけろっとしていたり。

忘年会だったり、歓送迎会だったり、社会人になると、必ずお酒を飲む機会というのがありますよね。そんなとき、やはりお酒に強い人の方がうらやましいと思いませんか?

だいたい、強い弱いって、何なんでしょう? どこからが強くて、何処からが弱いのでしょう? それはどうやったら分かるのでしょう?今回はそんな疑問について、考えてみました。

お酒に強いってどういうこと?

66fba99ce353d24fc6f6c7532f6cb1d2_s

お酒は、飲んだ後、体内で分解されるのですが、その分解には主に2種類の遺伝子が関わっています。それらがどのくらい強いかによって、お酒が強いか弱いかが決まってくるのです。

その遺伝子とは、

  • ADH1B遺伝子(アルコールを分解)
  • ALDH2遺伝子(アセトアルデヒドを分解)

です。

お酒が体内に入ると、まずはADH1B遺伝子がアルコールを分解してアセトアルデヒドにします。次にALDH2遺伝子がアセトアルデヒドを酢酸にし、最終的に水と二酸化炭素にします。

頭痛や吐き気などを引き起こすのは、アセトアルデヒド。つまり、お酒に強いか弱いかは、アセトアルデヒドを分解できるかどうかに関わっていることになります。

日本人の約5%はアセトアルデヒドを分解するALDH2遺伝子が働かないといわれています。この人たちは、まったくお酒が飲めない、いわゆる下戸な人たち。ひと口だけでもふらふらになります。

次にくるのが、それなりに飲める人たち。とはいえ、飲み過ぎると顔が赤くなったり、二日酔いになったり、という人たちです。

このような人は、ALDH2遺伝子がある程度働いてはいるのですが、完全に分解できるほど強くはない人たちです。日本人には40%ほどいるといわれています。

そして残りの人たちが、ALDH2遺伝子がきちんと働いている人たちです。この中でも、ADH1B遺伝子が働いている人と働いていない人がいます

ADH1B遺伝子が働いていない人は、ほろ酔いにはなるのですが、二日酔いになりにくい人たちです。

ADH1B遺伝子が働いている人は、それこそお酒に強い人。アルコールもアセトアルデヒドもすぐに分解されるので、大酒飲みでどれだけ飲んでもそう酔わない人になります。

遺伝子の他にも原因はあるの?

919bef8573b9b72310ad641cdb25f994_s

遺伝子の他にも、お酒に強い・弱いを分けるものはあります。

例えば、男女の差基本的には女性の方が男性よりもお酒が弱いといわれています。これは、体の水分量が男性より少ないこと、体格的に小さいこと、それによって肝臓も小さいことから、女性の方が弱いと考えられています。

同じように、体格の差も原因のひとつです。体の大きな人の方が肝臓が大きいので、アルコールの代謝が早く進むと考えられるのです。

さらに年齢差もあります。歳をとると、若い頃よりもお酒に弱くなったなぁ、と思いませんか。若い人の方が体内の水分量が多いので、その分アルコール血中濃度が薄く、お酒に強いのです。

女性がお酒で気をつけるべきことって?

上記で述べたように、女性の方が男性に比べてお酒に弱く、アルコールの影響を受けやすいです。

従って、肝機能がはやくダメになりがちで、肝障害を起こしやすいのです。また、女性のアルコール依存症もたった5年で3倍になるほど増えています

もうひとつ気を付けてもらいたいのが、妊娠中。妊娠中はアルコールは絶対に控えましょう。

というのも、妊娠中の人がお酒を飲むと、胎盤を通じてそれが赤ちゃんの体内に入ります。すると、知能障害や精神障害、発育障害などになりやすいのです。また、流産や早産などにもなりやすいといわれています。

同時に、授乳している間も、母乳にアルコールが混ざってしまいますから、お酒を飲まないようにしましょう。

お酒に強いか弱いかを簡単に判断するには?

patchtest3

引用:https://www.iwate-pu.ac.jp/inside/health/oyakudachi/alcohol/oishitanoshi.html

お酒に強いか弱いかを判断する方法は、病院で遺伝子分析を行うことでもできますが、簡単に行うなら「エタノール・パッチテスト」という方法もあります。

その方法は…

  • ①ガーゼに消毒用アルコールを湿らせます。
  • ②腕の内側の皮膚の柔らかいところにテープで張ります。
  • ③7分待って、ガーゼをはがします。
  • ④その後10分たったら、その部分を見てみましょう。赤くなっていればあなたはお酒に弱い人、まったく変わらなければお酒に強い人ということになります。

このテストを行う際は、運動直後などの心拍数が上がっている状態の時やお酒を飲んでいる状態の時を避けて行ってくださいね。

ちなみに、専用のキットも売っているので、それを使うとさらに簡単に判断ができます。

まとめ

私もお酒が大好きなのですが、強くはありません。酔っぱらいますし、限界量があります。

若い頃は、吐いたりもしましたが、今はそれも年1回くらいになりました。

日本人の約半数は、お酒に弱い体質です。それはもう、体質なので仕方がありません。

人に強要したりすることのないよう、あるいは強要されたらきちんと断われるようにしておきたいですね。

それと飲酒運転は厳禁ですよ…って常識ですねw