MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

食事はベジファーストだけが能じゃない!食べる順番でダイエット!


   

スポンサードリンク


野菜から食べましょう。よくそういわれますよね。

内臓脂肪を減らし、健康になるからと、実践している方も多いのではないでしょうか。食事内容を極端に変える必要もなく、普段の食生活の中で簡単に実施できるので、様々な年代の方に人気があります。

それにこれ、ダイエットにも効くんです。食べる順番を変えるだけで痩せるなんて、楽チンですよね。

とはいえ、実はベジファーストが絶対に良いというわけではないんです。それぞれのメニューや食べ方によって、少しずつ気をつけるべき点が異なるんですよ。

それに、家で食べる時はセオリー通りでOKですが、外食となるとちょっと戸惑いませんか?ここでは、ダイエットに効く様々な食事の摂り方と、外食時の食べる順番などを紹介したいと思います。

スポンサードリンク

なぜ食べる順番を変えるとダイエットに効くの?

e76ddeb10d0d3cb7ad38489db039e916_s

人の体は、空腹時、何が最初に胃に入ってくるかで、カロリーや栄養の吸収に差が出てきます。食べる順番によっては、脂肪を余計に溜め込むことなく、栄養を十分に吸収することができます。

それに、体にいい食材で先にお腹を埋めるので、主食にたどりつく頃にはお腹がいっぱいになってしまい、つまり食事量が全体に減る、という効果も期待できます。

また、食べるものの順番によっては、食後の血糖値の上昇具合が変わってきます。それらを利用して、ダイエットに役立てているのです。

すぐに効果が出るものではありませんが、習慣化していくことによって、効果は確実に体に表れてきます。健康面にも◎ですし、カロリーなどの面倒くさい計算もいらないので、気軽にはじめられますね。

血糖値が下がるので糖尿病などの疾患を抱えている方にもおすすめです。

ベジファーストだけがベストの方法ではない

178be795d64ae25878a22b06d5305652_s

一般的に、食べる順番ダイエットは、

  • ①食物繊維の多い野菜類(根菜や芋類は×)
  • ②タンパク質系のおかず
  • ③ご飯やパンなどの炭水化物。

という順番になっています。この他、①の前に汁ものを飲んでお腹を落ち着けることを推奨している案もあります。

ただ、ダイエットなどの目的によっては、これが当てはまらないことも。

例えば筋肉を付けたい人におすすめなのは、ベジファーストではなくて、ミートファースト。

野菜には糖質が多く含まれているモノがあり、それが血糖値を上昇させてしまう怖れがあるからです。ニンジンやタマネギ、レンコンだって、かなり糖質量が高めなんですよ。

そうであれば、糖質量が確実に少ないお肉などのタンパク質を取る方が、血糖値の上昇は起きにくくなります。

また、食べはじめはいちばん消化力が強いとき。ですので、消化しづらいお肉類を食べるのは、ある意味、理にかなっているのです。

そして、ご飯やパンなどの炭水化物系は、芋類と一緒に、食事の最後に食べましょう。そうすることで、腸での糖質の吸収を極力抑えることができるのです。

外食の時はどうする?

a70ab1396bb3d6445c914d7bfe78d8f2_s

外食は、悩みの種ですよね。

定食屋さんならば通常の食事と変わりませんからそう悩むことはありませんが、親子丼やカツ丼など、丼の専門店やラーメンやそばなどの麺屋さん、パスタ屋さんにファミレス。

いったいどうやって食べたらいいのでしょう?

1.丼屋系

おいしいと評判の親子丼屋さんやボリューミーなカツ丼などを食べる場合、まずはみそ汁やすまし汁から飲みましょう。それから、上に乗っている具を具だけで食べます。

それを半分ほど食べてから、最後はご飯と一緒に食べるようにしましょう。丼もののご飯の量は多いので、ダイエット中であれば、残したり、最初から小盛りにしたりすることも大事です。

大丈夫、ゆっくり食べれば、その時までには、十分にお腹いっぱいになっていますから。

2.麺類系

麺類系も、炭水化物過多!という感じで、敬遠しがちな方もいるのではないでしょうか。けれども、ラーメンやそば、うどんなど、抗えない魅力を持っていますよね。

上手に食べるには、どんなコツがあるのでしょうか。

とりあえずラーメンの食べ方を紹介します。

まずは、汁を飲み、上に乗っている具を半分ほど食べます。卵や野菜を追加して、それを先に食べるのもいいですね。

それから、麺をいただくのです。

3.パスタ

パスタは汁がない分、ラーメンや蕎麦などとはちょっと違ってきます。食べ方のコツですが、
たいていのパスタ屋さんには、ランチのサイドメニューで生野菜のサラダが付いてくるところが多いかと思います。

まずこれを食べましょう。スープも足せるのであれば、それも追加しましょう。そうして、1度お腹を落ち着かせ、血糖値を上げない準備をします。

ディナーであれば、パスタの前に、サラダや前菜をオーダーできますよね。そのときには、お肉が多めのものを選びましょう。

できれば、煮込み料理などではなくて、ハムやサラミ、パテなど、その場で調理されていないものがおすすめです。そういったもので、先に胃を半分くらい埋めてしまいましょう。

それから、パスタを食べるのです。ゆっくり食べることで、血糖値の上昇をさらに防ぐことができますよ。

まとめ

私は、食事の最初のひと口は、タンパク質を食べるようにしています。その上で、野菜を食べて、ご飯やパンなどの炭水化物を食べるようにしています。

その方が、正直、血糖値は上がりにくい気がします。(後々、低血糖で震えることが少ないので)

外食の際は、基本的に好きな料理のお店に行くことにしているのですが、そこでもやはり、ある程度は食べる順番に気を使っています。

長く続けていくことで、習慣化され、ダイエット体質になれるのではないでしょうか。



スポンサードリンク

 - ダイエット 食事