MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

生ビールと瓶ビールの違いは?実は両方とも同じビールなんです!


      2016/06/01

スポンサードリンク


夏がやってきました! 夏といえばビールの季節。仕事終わりの居酒屋やビアガーデンで「とりあえず生!」。

そういってしまうのは、決して男性だけではないはず。やってきた白い泡に金色の飲み物を傾ける瞬間。喉ごし壮快。あーっとばかりに息を付いてしまいます。

ところで、居酒屋などに飲みに行くときに、ビールには生ビールと瓶ビールというチョイスがあることが多いと思いますが、それぞれなにかしらの違いがあるのでしょうか。

スポンサードリンク

ビールはビール。みんな同じ

2e96058af98d7c08f242c11ba7c44e47_s

残念ながら(?)、実は生ビールにも瓶ビールにも違いはないんです。全て、みーんな加熱加工されていない「生ビール」なんです。

生ビールと聞くと、なにやら工場直送の鮮度の高いビールを考えてしまいがちかと思いますが、実は瓶ビールも缶ビールも樽のビールも、全部同じものが入っているんですね。

でもちょっと待って。味が違う、確実に違う。そう抗議されたい方もいるかと思います。

そして、確かに生ビールと瓶ビールでは味が違うんです。その差は何から出てくるのでしょう。

それは容器。瓶なのか、缶なのか、樽なのか。この容器の差によって、味が違ってくるんです。

というのも、保存性の問題により、それぞれの容器に適したガスが注入されているから。ガスの量がいちばん少ないのが樽で、瓶ビールや缶ビールには多めのガスが入っているんです。

これが喉ごしや味の違いを感じさせるというわけです。

それに、泡もずいぶん違いますよね。ビールの液体の上に乗った泡は、ただ乗っているというわけではありません。この泡があることによって、ビールの液体部分を空気に触れさせず、酸化を防止して味の劣化を防いでいるのです

ビールは空気に触れると意外とすぐに酸化してしまうので、泡でフタをすることで、生ビールはおいしさを保っているのです。

どうすれば瓶ビールを生ビールに近づける?

6dbce0adc5ad7ec378468ab9e5589bf8_s

さて、では、絶対に鮮度がよくて味がいい生ビールがいいかというと、実はそうでもない事情があります

例えば容量。居酒屋での値段を比べると、生ビールも瓶ビールもそう差はありませんよね。でも、容量は結構違います。

中ジョッキの生ビールが300ml前後のところ、瓶ビールは500ml。

そう、瓶ビールのほうがかなりお得なんです。

それに、生ビールはお店の樽の保存状態や注ぎ手の得手不得手、ビアサーバーの手入れ状態で味が大きく変わってしまいます。でも、瓶ビールならフタを開けるまでは品質はどこのお店でも同じ

なので、味の安定性を求めるならば、瓶ビールの方がいい場合もあるのです(特にやすーい居酒屋チェーン店とか…)

それならば、瓶ビールを上手なお店で継いでくれる生ビールのように注ぐコツを、自分自身で覚えればいいのではないでしょうか。

①まず、自宅であれば大きめのグラスを購入、お店であればグラスの代りにジョッキを持ってきてくれるように頼みましょう。キンキンに冷やしておくことが大切です。

②そこに、勢いよくグラスの半分くらいまでビールを注ぎます。するとかなり泡立つと思いますが、それが落ち着くまで少し待ちましょう。

③それから、残りのビールを、泡が少し盛り上がるくらいまで注ぎ足しましょう。この時もそれなりの勢いで注ぎます。

④最後に、ゆっくりと残りを注いで、泡がコップの縁から1.5cmくらい盛り上がったら完成!

これでこだわりの居酒屋なみのビールになります。

この方法、ご自宅で缶ビールを注ぐときにも使えますので、ぜひトライしてみてください。

まとめ

生ビールも缶ビールも差がないなんて、ちょっとショックですよね。実は同じものだったなんて。

私はお酒が好きなので、居酒屋によく行きますし、その場合はいつも「とりあえず生」といってきたのですが、お店によって変えようかな、とちょっと思ってしまいました。

でも、居酒屋などに行く目的って、決しておいしいビールを飲むだけではありませんよね。友人や同僚、上司と乾杯して、話をして、ついでに料理もに舌鼓を打って、とその時間を楽しむことが最も大事かもしれません。

であれば、最初の1杯はやっぱり「とりあえず生」でもいいのかな、と思いました(その後は、おいしく飲みたいので、生ビールがおいしくなければ瓶ビールにしようかと思いますが…)

そして、自宅でビールを飲むときのために、上手に注ぐ方法はマスターしておきたいと思います。だってやっぱり、ビールはおいしい方がいいですからね!



スポンサードリンク

 - お酒