普段の生活の中でダイエットを継続するのって結構難しいですよね。忙しかったり、外食が続いたりすると、どうしても栄養が偏ってしまいますし、ダイエットに有効な成分を獲れているかが分からない。

だけど、ダイエットサプリを取れば、確実にダイエットに効く成分を定期的に摂取していることになりませんか?

その分ダイエットが促進されますしね。嬉しいことだらけです。

ここでは、ダイエットに効くサプリの成分を紹介いていきたいと思います。気になったものがあったら、ぜひそれが含まれた製品を買ってみましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

ダイエットにおすすめの成分

f4b72ca9a3fa18877d7e78180f569bae_s

ギムネマ

ギムネははインドの蔓化の植物のひとつ「ガガイモ」原料とし、古くから薬草として使われてきました。

このギムネマには、炭水化物を抑える働きがあります。葉っぱに含まれるギムネマさ酸が体内での糖質の吸収を抑え、血糖値を上昇させにくしてくれるのです。

ギムネマの葉を噛むと、甘みを感じられなくなるのだとか。これがギムネマ酸が体内で糖質の吸収を妨げているからです。

甘いものが好きな人にぴったりのサプリです。

ただし、ギムネマを飲み過ぎると、鉄分不足や、低血糖が起こりやすいことが分かっています。特に低血糖に関しては、ギムネマは糖類の吸収を妨げるので、過剰摂取するとその分必要な糖質も抑えられてしまい、ひいては低血糖になってしまいます

低血糖は倒れてしまう可能性もあるほど気を付けたほうがいい病気。ギムネマの取り過ぎには気を付けましょう。

キトサン

キトサンは、カニやエビなどから獲れる動物性の食物繊維です。体に脂肪をつきにくくし、食物繊維の力で排便を促し、血中コレステロールを安定させます。

意外かもしれませんが、動物性の食物繊維もあるんですねぇ。キトサンは、体内の脂肪を排出、腸内環境を整えてくれる機能もあります。

厚生労働省から「トクホ」認定も受けているんですよ。

ただし、エビ・カニアレルギーのある方は食べないように気を付けましょう。アナフィラキシーなどの発作を起こし、生命の危機に陥る可能性もあります

キトサンサプリがおすすめな方は、油っこいものやお肉が大好きな人です。こういった方は、サプリを持ち歩いて、食後に飲むようにしていきましょう。

ガルシニア

ガルシニアはインドや東南アジアにあるオトギリソウという植物の実。これの効果は、食欲を抑え、さらに脂肪増殖の作用を抑えること。

ガルシニアが食欲を抑える働きがあることは、インドのアーユルヴェーダで胃薬として使われていることでも知られています。

ところが、ガルシニアには恐ろしい副作用があるのです。それは精巣機能障害。他にも、他のサプリや薬と同時に服用すると、心臓や内臓に障害が起きる可能性があることが分かっています。

目安量を過ぎないように、適切な摂取を心がけましょう。

コウスフォルスコリ

コウスフォルスコリは、最近注目のダイエット素材。元々はインドやネパールに自生するシソ科の植物で、一般家庭でもよく食べられています。

コウスフォルスコリのダイエット効果は、余計な回路を通さず脂肪細胞に直接働きかけ、燃焼させること、体内の代謝をUPさせること、糖分の吸収を抑えること

副作用が少ないのも、コウスフォルスコリの特徴。場合によっては動悸がしたり、生理のサイクルが崩れたりすることもあるようですが、これは新陳代謝に働きかけるサプりだからの模様。

ただ、過ぎ樽はおよばざるがごとし、飲み過ぎると、下痢になったりすることのあるので気を付けましょう。また、妊娠中、授乳中の方はやめておきましょう

メリロート

メリロートは甘い香りのマメ科のハーブで、頭痛や胃痛、むくみの改善に使われてきました

とにかくむくみをすっきりさせること、そして体内の酸化を防ぐアンチエイジング効果が認められているメリロート。メリロートには「クマリン」というむくみを減らす成分があり、「サポニン」で体の酸化を防いでくれます

カルニチン

アミノ酸の一種であるカルニチン。体内にもあるのですが、20歳頃をピークにどんどん減っていきます。でも、食べ物で補うことが可能なんです。ラム肉や鹿肉、赤身肉に多くあるのは、ご存知の方も多いのではないでしょうか。

カルニチンは脂肪を燃焼させ、エネルギーに変えてくれます。しかも体内の脂肪にも働きかけるので、痩せ効果がさらに期待できるんです。

ただし、食べ過ぎると気分が悪くなったり、胸焼けや腹痛、悪くすると吐き気を感じます。サプリ全体にいえることですが、過剰摂取は止めましょう。サプリといえども食品です。食べ過ぎは体に負担となりますから。

まとめ

ダイエットに効果のある成分を紹介してきました。市販されているダイエットサプリは上記を合わせたもの、あるいは他の要素を入れたものがほとんどだと思います。

パンやご飯、甘いお菓子類など糖質が好きな方には、ギムネマが含まれたサプリを、唐揚げなど油っぽものやスナック菓子などが好きな方にはキトサンやガルニシアを、運動が苦手だという方はコウスフォルスコリを、そして塩分が好きでカロリーはそれほど取っていないはずだけれど水太りしているという方にはメリロートをそれぞれ選んでもらったらいいのかな、と思います。

自分の求めるタイプが何なのか、サプリはそれを知ってから購入するのがいちばん効果的です。ぜひ、上記を参考にしてみてください。