ダイエット中の人にとって、最も気を使うのが夕食ですよね。何をどれだけ食べるべきか、カロリーや塩分や使っている食材はどうなのか。

もちろん自炊をできればいちばんいいのでしょうけれど、夜遅めに帰ってきて、お腹はぺこぺこで、自炊なんかしていられない! 作る事そのものがストレスになっちゃう。

そいういう時の味方は、なんといってもコンビニ食。とはいえ、コンビニ食には脂肪や炭水化物が多く使われている分、太りやすいというデメリットも…。

ここでは、どんなコンビニの夜ごはんを選んだらいいか、ご紹介いたします。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コンビニで夜ごはんを買うときに気をつけるべきこと

de3f15c5d18049b4a771ed0eceb1c056_s

コンビニでご飯を選ぶ際には、ぜひ下記を参考にしてください。好きなものを手当たり次第取っていたのは、確実に太ってしまいます。

カロリー重視

特に夕食となれば、カロリーは大事です。全体としてはダイエット中なら一日1200kcalから1500kcalに抑えたいですからね。夕食のカロリーは300kcal〜400kcalくらいでしょうか。

おにぎりだって、1個150〜250kcalくらいあるのですから、2つ食べれば1食分カロリーの半分から全部を摂取することになってしまいそう。それにレジ前商品でおいしそうな唐揚げ類などをみてしまったら、どうしても追加して食べずにいられなくなってしまいます。

そうすれば、やはりカロリー過多になってしまいます。しかも、食べたものが胃や腸で吸収されるのが遅れ胸焼けがしたり、眠れなくなることも。

今はどこのコンビニの商品にも栄養表記があります。ぜひそれをしっかりチェックして、自分がどのくらいのカロリーを摂取しているか、知っておきましょう。

タンパク質系おかずも忘れずに

ダイエットをする際に最も重要な栄養素といって過言ではないタンパク質。筋肉を作り、体の成分を整え、代謝を上げてくれます。疲れにくくもしてくれるんですよ。

しかも食事誘導性熱産生(DIT)が高いので、食べたものが脂肪に変わりにくいんです。

といっても、注意! いくらタンパク質が必要で太りにくいからといって、揚げ物や油で炒めたものを食べるのはやめておきましょう。カロリー過多になりやすいですし、使っている油が酸化されていて、老化が早まる可能性が高いからです。

ドレッシングは最後にかける、あるいは自分で用意する

コンビニのサラダにはたいてい、付け合わせのサラダにドレッシングが付いてきますよね。一緒に混ざってしまっているものもありますが、こういったものは高カロリー。ドレッシングはオン・ザ・サイドにしましょう。

サラダを食べるのであれば、野菜を多めに取りたい夜ですので、大きめのものを選んだ方がいいかもしれませんね。満足度が増します。

塩分を気にしながらも…スープやおでん

スープも夜ご飯にぴったりでコンビにで手に入れやすい食材です。近頃は、フリーズドライになった野菜や具などがたくさん入っていて、お湯を足すだけでおいしいスープの出来上がり

レトルトの食品も見逃せません。既に調理されているものもあるので、あとはレンジで温めるだけ。各社味の向上に気を使っていますから、おいしく健康にいいこと間違いなしです。

また季節になればどのコンビの店頭にもおでんが並びますよね。これも低カロリーで、様々な種類の食材が食べられるのでおすすめはおすすめなのですが、塩分が濃いのがデメリット

スープもそうですが、他のメニューの塩分を抑えることによって、全体的な塩分摂取量が減らせますので、汁もの類以外はなるべく薄味をこころがけましょう。

おすすめできないコンビニ夜ごはん

14671ffae40de0cdc6a7827d7faa3ea5_s

お弁当

一見、いろいろな食材が入っていて健康そうなお弁当ですが、どちらかというと脂質とタンパク質が多く、寝るまでに消化が進まないので、夜食べるのには不向きです。できれば、単品を組み合わせて、自分なりの定食スタイルを作るようにしましょう。

おにぎり・サンドイッチ・菓子パン

おにぎりだけ、サンドイッチ、菓子パンだけで食事を済ませてしまいがちな人は要注意。栄養が炭水化物に偏り過ぎています。

食事なのですから、栄養バランスに富んだものを食べなければならないのです。ダイエット中ならば食事の量が減りがちなので、栄養分には特に気をつけなければなりません。

おにぎりにしろ、サンドイッチにしろ、必ずサイドメニューを付けるようにしましょう。ちなみに、菓子パンはその名の通りお菓子なので、夜の食事にはおすすめしません

単品

パスタや丼もの、おそうめんに蕎麦など、単品ものもNGです。炭水化物過多になりがちですし、野菜の量が少ないので、摂取できるビタミンも少ないのです。

すると、代謝が落ち、痩せにくい体になってしまいます

コンビニでパスタや丼を選ぶときには野菜ジュースを、そうめんやおそばなどを選ぶときには、サラダチキンなどのタンパク質と野菜サラダなどを追加するようにしましょう。

お菓子類

レジ前にあったり、通りがかったりして、新製品があるとついつい手が伸びてしまいませんか。けれどそれも気をつけるべきことではないかな、と思います。

お菓子は嗜好品。健康の維持に必要なものではないのです。

とはいえ、新しい種類が出たら、気になりますよね。そういうときには他のみんなにすすめてみるのはいかがでしょうか

まとめ

コンビニで夕食を揃えるなんて、本当は侘しいですよね。でも、忙しかったり、心に余裕がないときとかには確かに便利です。

土日のコンビニでは、午前12時前にはお弁当などの人気商品はなくなってしまうのだとか。どれだけの人が利用しているか分かりますよね。

私は、食事としてコンビニを利用することはしないようにしているのですが、それでも忙しいときにはお世話になってしまいます。

気をつけることは、やはり単品買いをしないことです。そして、主食、主菜、副菜を揃えるようにしています。そうすることで、栄養バランスもよく、おいしく食べられるのかな、と思っています。

コンビニ食にしろ出来合いのものにしろ、全体的なバランスを重視してメニューを構成していきたいですね。