MOTTO!!

生活を"もっと"豊かにするお役立ち情報をまとめて配信致します。

カロリーメイトって太る?炭水化物大量で逆効果ですよ・・・


      2016/07/05

スポンサードリンク


カロリーメイト。1回は手にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。元祖栄養を意識したエネルギーバーですよね。

名前は「カロリーメイト」とダイエットに向いているような感じですが、実際のところはどうなのでしょう。食べると太るという話もありますが、ダイエットに有効なという説もあります。

カロリーメイトって何モノなのでしょうか。ダイエットに活かすにはどうしたらいいいのでしょうか。

そのことについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク

カロリーメイトって何?

index_fig01 のコピー

引用:http://www.otsuka.co.jp/cmt/product.php

カロリーメイトが誕生したのは1983年。最初はチーズ味のブロックタイプとミルク味の缶タイプが発売されました。その後、味の種類が増え、プレーン味、チーズ味、フルーツ味、チョコレート味、メープル味とバリエーション豊かに展開されています。

その他、現在はゼリータイプにドリンクタイプ、賞味期限が長く非常食にもなるロングライプというものがあります

開発のコンセプトは、朝食を欠食する人が増える中、時間がなくても栄養が取れる朝食を提供しようと、スコットランドのお菓子、ショートブレッドをお手本に、栄養素をバランスよく配合して作り上げられました。

実際に栄養バランスは非常によく、例えば、↓はプレーン味の栄養素です。

■カロリーメイト4本(プレーン)
カロリー:400Kcal
脂質:41.7g
タンパク質:8g
糖質:41.7g
食物繊維:2g
ナトリウム:280mg
カリウム:110mg
カルシウム:200mg
鉄:2.5mg
マグネシウム:50mg
リン:80mg
ビタミンA:225μg
ビタミンB1:0.5mg
ビタミンB2:0.6mg
ビタミンB6:0.5mg
ビタミンB12:1μg
ナイアシン:5.5mg
パントテン酸:2.8mg
葉酸:100μg
ビタミンC:40mg
ビタミンD:2.5μg
ビタミンE:4mg
(1本あたりは、これを4で割って考えてください)

これだけでたくさんの栄養素が取れることが分かるかと思います。

しかも片手でも食べやすいので、仕事や勉強の合間に、スポーツ時の栄養補給として、今も人気がありますよね。

現在は2本入というのも出てきていて、より手に取りやすくなりました。

ダイエットに向いてるの?

2

引用:http://www.otsuka.co.jp/cmt/index.php

ブロックタイプのカロリーメイトはいずれも1本100kcal。計算しやすいのは魅力ではないでしょうか。しかも腹持ちのいいショートブレッドなので、次の食事まで空腹になりにくいという利点もあります。

しかもとにかく栄養が優れているので、体調が悪くなったり、肌荒れがおきることもなくダイエットできるのも、カロリーメイトをダイエットに活用するのに優れたところ。

短期間であれば、置き換えダイエットもおすすめです。お昼ご飯をカロリーメイトに置き換えれば(かならず水や炭酸水と一緒に取ることを心がけましょう。カロリーメイトは水分と混ざるとふくれるので、かなりお腹いっぱいになります)

あるいは、おやつに1本だけ(つまり100kcalだけ)、お水と一緒に飲むのも、次の食事までつらさを我慢することなく耐えられるのでおすすめです。100kcalなら、ダイエット中のおやつとしてはちょうどいいのではないかと思います。

カロリーメイト+食物繊維の組み合わせもおすすめ。というのも、カロリーメイトを食べていたら便秘になったという報告があるからです。それを防ぐためにも、一緒に食物繊維を取るようにしましょう

おすすめはコンビニで簡単に手に入るカットキャベツ。ドレッシングをかけるだけと、調理の手間も省けますし、カロリーも低く、便秘解消の手助けをしてくれます。

味の種類が多いので、飽きずに続けられるのもいいですね。

その他、ドリンクタイプやゼリータイプがあるので、生活習慣に合わせてチョイスすることが可能です。それぞれ、きちんと栄養素が含まれていますから、仕事のが忙しい時のダイエットや、子どもに振り回されている主婦の方たちのダイエットにも役立ってくれると思います。

最後に注意。確かにカロリーメイトはダイエットに使えますが、たくさん食べれば太ります。いくら栄養が入っているとはいえ、基本はバターをたくさん使って作るショートブレッドなんですから。おやつとしてバターたっぷりのクッキーをたくさん食べれば太るのと同じです。

栄養素は完璧なので、食べる量をコントロールしながら、上手にダイエットに活用してみてください。

まとめ

忙しいとき、移動の合間にしか食事時間がないとき、私もこうしたエネルギーバーを食べて、その場をしのぎます。

その中でも、カロリーメイトのチョコレート味はお気に入り。チョコレートにはポリフェノールが入っているので、それも体にいいかな、と思って食べています。

そういう日々が続くと、痩せます。はい。

本当は3食きちんと食べた方がいいのだろうとは思っていますが、忙しい人にとってこうしたエネルギーバーで食事を代用しながらダイエットするのも悪くないのかな、と思いました。



スポンサードリンク

 - ダイエット 食事