チアシードと並んでダイエットに有効だと認知度の高いバジルシード。テレビ番組で取り上げられたりもするので、試してみたことがある方も多いのではないでしょうか。

チアシードとの最も大きな違いはそのカロリー。バジルシードの方がはるかにカロリーが低いんです。1回分の5gあたり、5kcal。それもあってダイエット中の人たちに大人気。

でも、バジルシードってどうやって摂取したらいいのでしょう。どうしたら最もダイエットに効果的になるのでしょう。

そのことについて紹介していきたいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

バジルシードはどうやって取るのが効果的?

o0300022510154010384

引用:http://matome.naver.jp/odai/2140687899781533101/2140688076984683303

バジルシードの健康にいい2大特徴

①その半分がグルコンマンナンという食物繊維でできていて、水を含むと約30倍にもなります

食物繊維は腸のぜん動運動を促してくれ、排便を促してくれるので、痩せようと思って食事の量が減り、その分便秘になりがちなダイエット中にぴったり。

しかも、グルコンマンナンは、揚げ物や炒め物など油分の多い食べ物と一緒に取ると、余分な油に吸着して、一緒に体外に排出してくれるのです。

αリノレン酸が入っているので、善玉コレステロールを増やし悪玉コレステロールを減らしてくれるのはもちろんですが、その他にも血の流れよくして代謝をUPしてくれるという効果も期待できます。

どうやって摂取するのがベスト?

そんな嬉しいダイエット食品バジルシードは、ドリンクにして取るのがおすすめ。というのも、水分を含めてから摂取しないと、反対に胃や腸の水分を奪ってしまうからです。

しっかり水分を吸収させるために、バジルシードは12時間以上水分に浸けておいてください。水に戻したバジルシードは、冷蔵庫で数日間保存が可能。なので、作りおきしておくのが便利ですね。

さて、そのバジルシード、いちばん効果的な摂取法はやはりドリンク。スムージーや野菜ジュース、酵素ドリンクなどに一緒に入れて飲むと、ダイエット意識も高まり、効果があがります。

バジルシードの食感はつぶつぶしていて、舌触りはちょっとクニュっとしています。味はほとんどないので、どのようなものに入れても大丈夫。お気に入りのドリンクと合わせて飲んでください。

熱にも強いので、コーヒーや紅茶などに入れてもOKです。

ダイエットに効果的な飲むタイミングですが、食前30分にコップ1杯飲むだけ。食物繊維が食欲を抑え、食べる量が減り、少しの食事で満足できます。

量は1回小さじ1杯5g分。朝・昼・晩の食事の前に飲むようにしましょう。

ダイエット目的でなければ、ドリンクの他にも、ヨーグルトに入れたり、スープに入れたり、ドレッシングにしてみたりと、いろいろ使えます。ゼリーにいれてみてもいいですね。

自分で作るのは面倒なんだけど…?

自分で作るのがめんどうくさい、という方は市販のバジルシードドリンクがスーパーやコンビニなどで売られているので、こちらを利用するのもOK。とくにこちらのドリンクは、2014年の食品や飲料の見本市「Foodex Japan」で美食女子グランプリなるものを受賞しています。

10010004541708040425_1

サワディ バジルシードドリンク

お試し編としてはちょうどいいのではないでしょうか。

バジルシードドリンクを飲むときに注意すること

post_37

引用:http://www.no1-diet.com/cat5/post_37.html

・必ず水で戻す

バジルシードはそのまま食べると毒性があります。というのも、バジルシードはバジルの種子。そして種子には発芽の時期がくるまで発芽を抑制するアブシジン酸という発芽毒が含まれているのですが、これが人体のミトコンドリアに毒性があるようなのです。

ミトコンドリアが影響を受けると、免疫が低下し、冷えたりむくんだりしやすくなります。

このアブシジン酸は、水に浸けておくだけで無毒化されるので、バジルシードを摂取するときは、必ず水で戻すようにしましょう。

・お酒と一緒に飲まない

食物繊維の多いバジルシード。お酒と一緒に摂取すると、下痢になる可能性があります。とくに腸の弱い方は気を付けてください。

・食べ過ぎない

バジルシードは、前述したように、その半分が食物繊維。大量に食べると、反対に便秘になってしまう可能性があります。また、戻しが足りない物を食べると、胃や腸がパンパンに膨らんでしまうことも。

一度に食べる量は5gほどがベストです。

・薬と一緒に飲まない

食物繊維は、体の中で消化されずに排泄されます。バジルシードはその食物繊維があまりに豊富なので、薬と一緒に摂取すると、その薬を包み込んで、一緒に排出させてしまう可能性があるのです。

治るものも治らなくなってしまうかもしれないので、薬とバジルシードドリンクは、分けて摂取するように気を付けましょう。

まとめ

バジルシードドリンク、見た目がアレなのですが、ゲテモノが大丈夫な私は出始めの頃から注目していて、とくにドリンクが市販されたときにはすぐに試してみました。

確かに食感が面白くて、見た目なんて何のその、飲みやすかったです。味は単なるジュースですしね(おいしかったです)。

そして、確かに食物繊維のおかげか、便秘解消効果がありました。

市販されているドリンクはお値段が高めなので、長期で続けていきたい方は、バジルシードそのものを買う方がいいのではないでしょうか。また、最初は少量から初めて、量を増やしていくと、自分の体にちょうど合った量を見つけることができると思います。

ダイエット中で、しかも便秘気味の方には、かなり即戦力になってくれる食材です。ぜひ活用してみてください。