バジルシードとチアシードの効果の違いは膨張率とカロリー

ダイエット食品、美容食品として最近よく名前の挙がるバジルシードとチアシード。名前も見た目も結構似ているのですが、どのように違うのでしょうか。 栄養面で差はあるのでしょうか。食べ方に違いはあるのでしょうか。 それからやっぱり気になるのは、ダイエットに対する効果ですよね。どちらの方がどんなふうにダイエットに効くのか、体にいいのかを紹介していきたいと思います。 [ad1]

バジルシードとチアシードの違い

チアシードとバジルシード

引用:http://rakuyase-diet.jp/hinami11/archives/2409

バジルシードとチアシード、見た目はカエルの卵みたい(失礼!)で似ていますが、全然別物です。 バジルシードは… ・バジルの種 ・水を含むと半透明になって約30倍にふくれあがる ・タイ、カンボジアなどの東南アジアで作られている ・1gあたりのカロリーは1kcal チアシードは… ・シソ科サルビア属ミントの種 ・水を含むと透明になって約10倍〜14倍にふくれあがる ・メキシコ、アルゼンチンなど中南米が原産 ・1gあたりのカロリーは5kcal となっています。つまり、大きな違いは、膨張率とカロリーのようですね。 モノ的には別物なのですが、実はこの2つ、見た目ももちろんですが、栄養的にも似ているところがあるんです。 まず水を吸って膨らむのは、グルコンマンナンという食物繊維のおかげ。こんにゃくなどにも含まれていますよね。 また、両方とも植物性タンパク質が多くオメガ3脂肪酸のαリノレン酸が豊富です。 αリノレン酸といえば、今人気のエゴマ油や亜麻仁油などに含まれていて、ダイエット効果や美容・美肌効果が高いと、そのまま摂取している人もいるくらいですよね。 バジルシードにもチアシードにもそれが含まれているので、グルコンマンナンでお腹を膨らませられるのと同時に、美容効果も期待できるんです。

じゃあダイエットにはどっちを取ればいいの?

b6875c6e4432c14382889f92e5adc6c0_s バジルシードとチアシード、その最も大きな違いは、上でも記載しましたが、カロリーと水を吸った時の膨張率カロリーはチアシードの方が5倍多く、膨張率はバジルシードの方が3倍高いです。 ということは、カロリーが低くて食物繊維がより豊富なバジルシードの方がダイエットにはおすすめだということ。 とはいえ、ダイエットしながらも健康や美容をより気遣うのであれば、オメガ3脂肪酸のαリノレン酸が多く、必須アミノ酸を8種類も含み、ビタミンやミネラルもバジルシードより豊富なチアシードの方がおすすめとなります。

バジルシードでダイエット効果を高めるには?

Chia seed pudding with caramelized apple and cookies.

引用:https://welq.jp/22285

ダイエットにはバジルシードの方がいいと分かったところで、さて、どのようにそれをダイエットに活かせばいいのでしょうか。 まず大切なのは、水を含ませて膨張させること。そうすることで、胃の満腹感が増え、少ない食事量=摂取カロリーで食事を済ませることができます食事の30分ほど前にバジルシード入りの水を飲みましょう。できれば、朝昼晩の3食の前にできるといいですね。 その他、ヨーグルトと一緒に食べるのもおすすめ。バジルシードに十分に水分を含ませて膨らんだものを、ヨーグルトに混ぜて食べるだけです。 バジルシードのグルコンマンナンは分解されるとオリゴ糖になり、乳酸菌のエサになります。そうすることで乳酸菌が活発に働き、便秘などが解消され、腸内環境が正常に働きます。 また、バジルシードは熱にも強いので、ホットミルクなどに入れるのもいいですね。食感があるので満腹度があがります。 ただし、いくら満腹度があがるとはいえ、たくさんの量を一気に食べるのは×。なんといっても膨張率が高いですから、お腹がパンパンになってしまいますし、食物繊維は取り過ぎると反対に便秘になる可能性があります。 1回の量は、小さじ1杯くらいが適量です。

チアシードの食べ方は?

b6875c6e4432c14382889f92e5adc6c0_s ダイエットしながらも同時に健康と美容のためにチアシードも食べようかな、という方もいらっしゃるかと思います。 チアシードはあまり味がしないので、どんな食べ物とあわせても大丈夫ですが、食べる前には必ず水に浸して水分を含ませるようにしましょう。乾燥した状態だと胃の中の水分を奪ってしまうので、むしろ健康に悪いことになってしまいます。 また、熱を加えると栄養価が下がってしまうので、40度以上の熱めのお湯につけるのも×。冷たい水だとお腹を壊すかも、という方は常温の水でも大丈夫です。 おすすめは、朝、スムージーなどにチアシードを混ぜること。手作りのものでも、市販のものでも構いません。 栄養も取れ、食物繊維も豊富なので、1日の活動の元となり、排泄も促す朝にぴったりです。

まとめ

バジルシードとチアシード、どちらを食べたらいいか、悩んでしまいますよね。 私は、ある程度バジルシードでダイエットできたら、チアシードをとった方がいいのかな、と思っています。というのも、それまでに失った栄養を取り戻せるから。 それに、女性のキレイはダイエットで作る体だけではなく、肌のなめらかさやきめ細やかさもものすごーく大事だと思っているからです。 そういった面を改善するには、やはりチアシードの方が優秀。 その時々の状況によって、体に必要なものは変わってくるもの。バジルシードもチアシードも、それぞれのいいとこ取りをして、上手にキレイな自分になれるといいですね。