ストレスがどうしようもなくたまっていたから、友達との時間が楽しすぎて調子に乗ったから、目の前に大好きなケーキがあったから、付き合いで断わりきれなかったから。理由は様々ですが、どうしても食べ過ぎてしまうことってありますよね

その次の日の、あるいはその夜の後悔といったら…。どうしてあんなに食べちゃったんだろう。途中で止められたはずなのに。思わず二の腕の肉をつまんでため息をついてしまいそうです。

でも、すぐに対処を打てば大丈夫。一瞬は脂肪が増えるように感じるかもしれませんが、体に定着することはありません。元の体重に戻れるのです。

その方法を紹介したいと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク

食べたものはすぐに体に付くわけじゃない

d1d6a3e13d9ed582c352774a145ba0dd_s

食べた次の日に体重を量ると、確かに増えていますよね。ああ、太っちゃった。ダイエットしなきゃ…。

そう思うのはちょっと待って! 増えた体重のほとんどは、まだ胃の中に残っていて消化されていない食べ物か、水分です

食べたものはまだ消化されていず、脂肪として体に行き渡っているわけではないのです。

食べたものが体に定着するのは、約3日から1週間後それまでに排出されたり、エネルギーとして使用してしまえば、脂肪として溜まることはありません

数日間の生活を気を付け、早めの対策をとれば、ちゃんと元通りに戻れるのです。

勝負は次の日とその次の日

baf2b3f981b29ddd15c9ace1ea5dbc0d_s

食生活の改善

まずは、次の日、その次の日の食べる量を減らしましょう。といっても、断食をするのではなく、野菜や海草類、汁ものを多めにして、それほどストレスをためずに摂取カロリーを減らすのです。

だいたいの食べ過ぎは、ストレスが原因だということが8割方ではありませんか?全く食べないことによってさらにストレスをためてしまうより、食事の量はそれほど減らさず、ヘルシーな素材を選択して心を平穏に保つのが鍵です。

朝食は、食べられるようであれば、フルーツや生の野菜など、酵素が多めな食材で、できればスムージーにするなどして消化よく食べられるものにしましょう。様々な野菜が取れて、栄養を補給することができます。

昼食や夕食には、キノコや海草類など、食物繊維の多いものがおすすめ。ミネラルもありますし、不必要な脂肪や糖分、老廃物を排出してくれます。

食べてはいけないものは、脂肪分の多い肉や揚げ物、スナック菓子などの炭水化物と脂肪分が混じったもの、パンや麺類などの小麦製品や生クリームを使ったスープなどです。

正直、この2日間は、炭水化物は全く取らない方が効きます。食べ過ぎた分、十分炭水化物を体に取り込んでいるからです。2日間はなるべく頑張って、炭水化物を少なめにしてみてください。

タンパク質を食べる場合は、ササミやタコ、イカなどの、低脂肪、低タンパクのものを選び、昼間に100gほど食べれば十分です。その際、塩分過多にならないように、醤油などは付けないようにしましょう(他の料理の調味料にも同じことがいえます)

水分をとる

水分をとるのも重要。水分をとることで、血液の流れが促され、血流が上がって代謝が上がります。すると消化が進み、食べ過ぎたものが排泄されるのです。

水は、常温から白湯ほどの温かさのものを、1日に何度かに分けてとってみてください。血液が流れれば、毒素も排出されやすくなります。

運動する&汗を流す

運動するのは大事です。食べた分のカロリーを消費できますからね。

カロリー消費に重要なのは、有酸素運動です。ウォーキングやジョギング、ただ歩くというだけでも、運動になります。

そのときは、なるべく体を大きく動かし、消費カロリーをなるべく多く、汗を流しましょう。

どうしても運動は面倒くさい、という方は、お風呂がおすすめ。できれば汗をだらだらかくくらいの長時間入れる温度に設定し、ゆっくり時間をかけてお風呂に入りましょう。

状況によっては半身浴もいいですね。下半身を温めると、全身の血行がよくなりますから、その分の新陳代謝が上がり、老廃物が排出され、食べ過ぎ飲み過ぎがリセットされます。

むくみの改善

たいてい食べ過ぎてしまう食品というのは、味の濃いものではないでしょうか。野菜だけを漠バクバク食べる人はあまりいませんもんね。いたとしてもドレッシングやマヨネーズなど、味の濃いものをお供に食べているのではないかと思います。

そのため、次の日にはむくみを感じると思います。

このむくみを解消する成分は、まずはカリウムキュウリやバナナに多いので、食べ過ぎの次の日の食事にもおすすめできます。ぜひ積極的にとりましょう

また、むくみの改善には老廃物の排出も欠かせません

それに有効なのは、運動とマッサージ。運動は全身運動である有酸素運動を、マッサージはリンパを意識して行うようにしましょう

かなり改善されると思います。

まとめ

食べ過ぎたー(涙) いつもガマンしている分、たがが外れてしまうと、どうにも止まらない食べ過ぎ。

すぐにリセットできる方法を紹介してみました。

私自身が本当に大事だと思っているのは、ストレスを少なくし、心を平穏に保つことのような気がします。これがいちばん難しいんですけれどね…。

食べ過ぎたら私はとりあえず、摂取カロリーを減らすこと、キノコをたくさん食べること、ストレッチやマッサージをすること、そして、運動やお風呂に入って、汗をかくことをしています。

私もやっぱり人間なので、唐揚げやカキフライみたいな大好物があると、ダメだと思ってもたくさん食べてしまうのです…。スープ類も、気を付けないといけないもののひとつです…。

もともと食べ過ぎないのがいちばんではありますが、人間なので仕方ありません。食べ過ぎた時の対策方法を、申し上げたようなことをヒントに、自分なりに確立できるといいですね。